桜 桜 桜 。。。 



画像


画像


画像


画像



画像



画像


今回の旅は 何故か いつもと 違う旅になりそうです。

水上村の市房ダム湖畔周辺の

満開の桜に酔ったのかも・・・知れませんが

ひょいと 寂しい道を走りたくなりました。




朝霧の立ち込める水上村を発ち 

白水滝と吊橋を訪れた後椎葉村へ向かいます。

南熊本へ向かう途中に 椎葉村があります。

九州の尾根道を 走る旅 浪漫を求めて。。。

画像


画像



国道 388号から分岐し

椎葉村へ向かう山道の酷さは、半端ではない。

谷あいの道は 

やっと一台が通れる道幅しかない。

所々に離合箇所が設けてある。 

これでも県道である。

つづら折れの上り道を 

慎重に走り続ける。

カーブ箇所の路面には、

沢山の縦割れヒビがある。 

道が崩れる前の前兆にもみえてしまう。

台風の爪痕と見れる倒木箇所も通過する。

以前、道に倒れかかった樹木で

通れない現場を何度も経験しました。



目的地への最短距離をカーナビで設定したら

南熊本まで 5時間かかると表示されました。

 

間違いなく 辺鄙なお化け道だぁ~。

30Km/hでしか走れない道に違いない。 

最短距離だと誘われて こんな山道を

キャンピングカーで走ると碌なことにはならないと

いつも思うのだが・・・ 何故か走ってしまう。



峠を登りきったところで やはり 工事中の大看板。

完全通行止めではなく 時間帯で 

細かい規制があった。

よく見ると 引き返す必要はないようだが・・・。

1時間程度は 待たされるかもしれないと 

覚悟した。

そして フーーーッと 長い溜息ィ~  (^^♪  



このルートを選んだのだから 行くしかない。

この道は 熊本県と宮崎県の県境を通る

林道みたいなものだ。

後から知ったのですが・・・

椎葉村のガソリンスタンドの親父さんも

最近は走ったことがないという 古くからの

狭くて 時間ばかりかかるような

県道と 村道でした。



こんな道だからこそ 何か期待できる 

出来事や風景がある筈だ・・・。 

そんな予感さえします。

白水滝の駐車場では 親子の鹿が

突然現れ 道を走り抜け 驚かせてくれたように・・・。



県境の峠を越えると 分水嶺となり 

山村集落のある椎葉村にはいります。 

峠を越えたところで 杉伐採箇所に出ました。

画像


その斜面の低木に 花が咲いていました。

画像


画像


見渡すと 斜面の至る所に 群れて咲く可愛い花。。。

・・・ 初めて観ました。

画像


画像


後で知ったのですが、 この花は ミツマタでした。

こんなに群れて咲く花だとは 知りませんでした。

この花を観れただけで 

このルートを走って来た甲斐があったというものです。




しばらく行くと 清水が湧き出ていました。

休憩用の 簡易なテーブルと椅子がありましたが 

太い柱を横たえただけです。 

画像



長命の水を持っていたペットボトル6本に入れました。

口に含んでみると 冷たく甘く 透き通った水です。 




椎葉村に入ると 川の流れも緩やかになり

川幅も広くなっていました。

画像


集落の写真を撮っていると 子どもたちが

道路端へ駆け寄ってきて 挨拶をしてくれました。

椎葉村で出会った中学生も 気軽に挨拶をしてくれます。

懐かしい昔の田舎の風景を想い出します。

知人でもないのに 気軽に声を掛け合いました。



山間の子供たちに 感謝 (^^♪ ♬

良き時代を 思い出させてくれました。

道脇にも 多くの山桜が咲いていました。

画像



画像


画像


いい季節に 山間の道を走らせてもらったなぁ~。




やがて 日向椎葉湖へでます。 

湖面は やまあいブルーとでも名付けたい色です。

画像



画像


やっと見えた上椎葉ダムが・・・ 

何故か小さく見えました。

水量が多く 大容量の水力発電所だと 

聞かされていましたからねぇ~。。

画像


画像


鶴富屋敷は 上椎葉ダム下流の 街中にありました。

画像


画像


画像



画像



椎葉村を抜けて 渓谷沿いの休憩所で 遅めの昼食。


画像



その後 南阿蘇を抜けて 自宅へ帰りました。

もう 鯉のぼりが 上がっています。

おじぃちゃん 頑張って 孫の為に作ったようですね。

画像


画像

この記事へのコメント

2019年04月01日 20:38
いいですな、林道の旅!
椎葉村が山の奥の奥にあるとてもよい感じの場所に見えました。
ミツマタは紙の原料ですから、人気のある山にあります、その村も昔は紙すきをやっていたのかも知れませんね。
よい旅です。
2019年04月03日 10:57
本読みと山歩きさん。
最近は、林道ばかり走り回っていますよ。
テレビ放映された熊本県の山の中の一軒家の
近くを 通ったような気がします。
平家の落人伝説のある集落 椎葉村ですから
紙は漉いていたのではないでしようか。
純朴さの残る子供たちの瞳がとても素敵でし
た。
2019年04月03日 23:53
椎葉村、私も2度訪ねました、何れも道の駅日向
で泊って、、、鶴富屋敷懐かしく拝見しました
2019年04月05日 06:49
Poneis&たかちゃんへ。
私も二回目でしたが 二回とも通過するだけ
でした。車中泊無しでした。
鶴富屋敷の駐車場を覚えていなくて 
手前の駐車場に駐車して歩きました。
日向と書いて ひむかいって読むなんて
知りませんでした。