丸太を 肩運搬。

               


丸太を削り始めたら 階段の左右の高さを 

微妙に 調整する必要に迫られた。

こりゃ~基礎からピシッと水準を合わせ

配置を決めんといかん。

デッキ基礎の丸太と組み合わせようと計画し

作業していたんだ。


画像


別途に基礎石上に横たえる 3mの丸太が

必要になる。

臨機応変といえば カッコいいが

なんのことはない・・・

行き当たりばったりだぁ~。

   ※  ブログ写真をお借りしました。


画像




パーゴラ(デッキの屋根)の柱も当初は角材で

予定していなかった。

もっと簡単にするつもりだつたのに・・・

パーゴラの写真をチェックすると 

3mの丸太か 3mの角材が欲しくなった。

4mの丸太が吉井町の幼児施設予定地に

置いてある。

画像


画像


借地契約が5年では、補助金が出ないと

幼児施設造りを断念し 放置してある。

借地契約も近々打ち切るというので

4mの板も含めて 移動しないといけない

という。

この際その丸太を持ってくることにした。

4mの板は、山のミニログ付近の空地へ

一往復。

丸太は3mにカットし 自宅へ運搬し

一往復。

朝9時から初めて4時間もかかってしまった。



自宅近くへ運んでも 

夫婦で 肩運搬しないといけなかった。

2mの丸太は、夫婦二人で難なく持ち上がる。

3mの丸太は、持ち上がってもズシリと肩に来る。

細い小道を50m 登り 左折し

画像


フラットな小道50m 自宅デッキまで肩運搬。

画像


自宅デッキ直前で・・・階段を上がり

直角に曲がるところで 

奥さんが 力尽きかけたんだぁ~。

画像


激励叱咤して デッキの端に片方を下ろし

丸太を滑らせて やっとこさで 

デッキの上に置いた時には 

安堵のため息ィ~♪ 状態でしたよぉ~。

画像


真っすぐに運ぶだけなら問題はなかったのだが

デッキ直前の直角に曲がる階段がこたえた様だ。

槇の生垣にも丸太後部が引っ掛かり 

振らついてしまったんだ。

この有様では、パーゴラの柱を3mの丸太に

しても運べない。

仕方がないので ほかの材料にするしかない。

基礎の配置も考え直さないとなぁ・・・。

自分は平気だったように 書いちゃいるが

太ももの裏や ふくらはぎが

パンパンになっている。

腰はもっと悲惨だぁ~。筋肉痛が酷い。

入浴後 湿布を貼ったが・・・

明日も張りが残りそうだ。



               

この記事へのコメント

2019年02月05日 23:12
こんばんは~
長崎は坂が多い地形ですが、徳さん宅も坂上るのですね。
丸太の運搬は人力は大変ですよ!
よく坂道直角、奥様も頑張りましたね!
無理してはダメですよ~肩腰痛めますよ~!
2019年02月07日 15:56
miyoさんへ。
私の方に荷がかかるように位置をずらし
ても きつかったようです。
抱え上げた時は、重い程度でも担いで歩く
のは骨が折れます。
ねっ! もう腰痛どころか( ^ω^)・・・
骨折です。(ニヤリ)