ログの大好きな徳さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 安上がりの旅へ

<<   作成日時 : 2017/10/30 10:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

          






「個人でスケジュールを組んで 予約する」

そんな旅を 義兄の夫婦の誘いで 決行!!

私たち夫婦は、英語はほとんど喋れない。

全て義兄任せという旅である。




                     




行く先は 南半球ニュージーランド 。 

映画アバタ―の撮影のにも選ばれたかの国だというが

現地に行くまで 知らなかった。(笑)





画像



画像





バックパッカーが泊まる宿で 自炊をしながら 

レンタカーで 走り回ることになっていた。

各市や町にある @(インフォメーションセンター)を 

尋ね歩きながら

宿を予約し 観光案内を受ける旅なのだ。




日本と同じ左側通行で 交差点はロータリーが多く

直線の制限速度は 100Km。

カーブでは 安全速度の制限付き。 

30Kmから80Kmとさまざまである。

制限速度さえ守れば 安全に運転できる。

大都市以外は、通行車両が少なく 運転は楽である。

初めての国際免許ではあったが 海外を走ることの

怖さはなかった。

路肩を人が歩いておらず 人が飛び出す場面に

遭遇することはなかった。




無事帰国できたのは

何の事故も起さなかったからだが・・・。(嗤い)

ハプニングはあった。




インフォメ―小ションセンター前の5分しか駐車出来ない

道路端の白線内で待たされ 交通巡視員の巡回にあい 

ヒア汗をかいた。

違反に問われたら 英語がしゃべれないのに 

頼る義兄は インフォメーションセンターから出てこない。

市内での駐車場事情が分からないので 

インフォメ―小センターの周りを3周して 

巡視員をやり過ごした。

すぐ近くに60分無料の道路端駐車の空きが出て 

滑り込んだ時は 一辺に体中の力が抜けたよ。

この時ほど 肝を冷やしたことはなかった。



交通巡視員は、30分に一度くらい巡回にやってくる。

運転者がいない駐車車両には チョークでタイヤに

マークをつけて 移動していないことを確認できるように

している。

60分無料の道路上の駐車場でさえも 

運転手が走って戻ってくる直前に反則切符を切られ

交通巡視員の顔を見てガックリ肩を落とす人もあった。

事情を説明することもなく すんなりと反則切符を

運転手の女性は受け取った。

事情を説明しても 違反を撤回されることはないようだ。

30分に一度巡回するのだから 不運な人も出てくる。

チョークでタイヤにマークをつけられても

次回巡視直前に移動し 難を逃れた人も目撃した。

幸運な人になりたいものだ。

市内の駐車は ほとんどが指定された道路上であり、

(白線でマークがしてあるのが駐車指定区域)

駐車時間もまちまちである。

運転手がオートマ車のキーをもったまま

インフォメーションセンターへ出て行き

私が車内に残こされ待つことになる。 

駐車時間制限が近づくと気が気ではなくなる。

都市部から離れると インフォメーションセンターの

無料駐車場があるので そんな心配はする必要が

なかった。



市内の道路の駐車実態は・・・ 

道路に満車状態の箇所もある。

画像




5分指定の街中の駐車場は 

空きがないことが多かった。

込み入った状態の写真ではないって言わないでぇ〜!!

そんな悠長に写真撮影できる余裕はないんだよ。

この写真は 早朝散歩の時に撮影したものだぁ〜。

画像






旅の終盤のYMCAの駐車場でのことである。

朝から義兄が朝食時間になっても 

なかなか現れなかった。

やっと戻ってくると 

YMCAの許可証を 駐車中の車のフロント部分に

表示していなかった事で

見回りの巡視員から 

駐車違反切符を切られたという。




初日に フロントから説明を受けていたはずなのに

2日目に駐車した時には 忘れていたようだ。 

YMCAのフロントでは ノータッチと断られ 

指定された連絡先とのメールのやり取りに

時間をとられ遅くなったと言う。



大きな失敗はこの程度だったから 

良い旅だったと言えるだろうねぇ〜。



                     



   

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安上がりの旅へ ログの大好きな徳さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる