ログの大好きな徳さん

アクセスカウンタ

zoom RSS 大分県 久住山系 黒岳(前岳)登山

<<   作成日時 : 2015/05/19 11:02   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 3

        

大分県九重町 はげの湯(クヌギの湯)で家族風呂に入浴。

何人入浴しようと 定額料金の家族風呂でぇーす  

でも多人数で入浴すると 50分の入浴時間を延長しないと

ゆっくりつかることが出来ません。

当然 延長時間料を取られますけどねぇ〜。

800円の岩風呂もいいんですが・・・ 

今回は1200円の家族風呂 桧の浴槽を選択しました。

ヘッヘッヘェ〜♪ ワンランクうえぇー!!

だってさぁ〜 日帰り温泉は おひとり様5〜600円なので 

家族風呂は 御徳なんですからねぇ〜 ♪

画像


画像


入浴後 牧ノ戸峠の駐車場へ回り 混雑状況を確認しました。

5月の連休中は 駐車場から車が溢れていたと言いますが

この日は、閑散としていました。

近年は牧ノ戸登山口から登ることがなかったので

久々に訪れてみました。 

ミヤマキリシマの咲く時期なのですが、まだ早いとみてか

登山客が少ないようです。

山仲間の情報では 今年は早く咲き始めていると言うのにねぇ〜。

画像


画像


今日の車中泊地は 長者原ビジネスセンターの駐車場です。

久住山登山口付近の駐車場だけは 満車状態でしたけど・・・

夕方には、ほとんどいなくなって しまいました。

車中泊の車も すくないですねぇ〜。

画像


BS受信を試みてみましたが 全然電波をとらえられません。

アンテナの向きの調整がやたら難しいんですよねぇ。

デジタル受信で 4局見れるので十分なのですが・・・

デジタル受信できない山の中では 天気予報が観れないのが

悔しくて 常時積載してますが まだ一度も受信出来てません。

画像





翌日、山仲間と ここで待ち合わせて

黒嶽荘登山口へ向かいました。

 

黒岳は、登山ルートの斜面はシャクナゲが続き

満開の時は見事なものらしいのですが

今年は裏年でした。

枯れた花も多くなく 咲いている花も ほんの少し

だけでした。

画像


6人のグループで 9:30 登山開始です。 

黒嶽荘横から  岩場だらけの急峻な登山道を登り始めました。

画像


悲鳴を上げ始めた太腿が自分のものだと

気づくのは辛いもんです。

短足を90度以上持ち上げる度に

「こりゃいかん歳かなぁ〜」と嘆き始めました。

快晴の太陽が木々の間から差し込むので 

大量の汗が噴き出ます。

新緑の緑を透かして美しく見せる陽射しも

暑さを伴うと 恨み節に変わるんですよねぇ〜。

息も絶え絶え ゼェーゼェーと 苦しくなってきます。

休み休み登ってくれるリーダーに ご立派と拍手!!

心からの感謝をささげましたよ。

深山幽谷の山間は涼しく生き返るようです。

汗を拭き 水で喉を癒すと 

時をおかずに  シュツパァーツ!!

2時間ほどかかって1334mの前岳(黒岳)頂上へ。

画像


階段上の岩場の道に難渋しながらも 到着です。

黒岳と言う名の山頂はなく 周辺の山の総称として

黒岳と呼ばれています。

画像


画像


前岳頂上の標識の傍に マイヅルソウが咲いていました。

誰に踏まれることもなく 自生しているようです。

画像


その他にも可愛い花が咲いていました。 

花名を聞いたんですが忘れちゃいましたぁ〜。

画像


画像


頭上では アブらしきものが捕食のため ホバーリングしています。

デジカメラの望遠で撮影する為に 苦労しながらも

やっと一枚 ゲットできましたぁ〜♪

画像


画像


昼食を終え休憩談笑をしていると

15名程度のグループ登山者が現れました。

前岳の頂上は狭いので後発の登山者グループに

譲るようにして下山開始。 

岩を降りるのに木の枝をつかみ尻を擦るようにして

2時間ほどかかって 午後3時には 黒嶽荘へ

下山しました。

画像


画像


画像


登山口の黒嶽荘には、炭酸水が湧き出ており

200円(ペットボトル大)で買えますが・・・

そんな水一度飲んだら 飽きちゃいます。

画像


砂糖入れてサイダーになるのかと以前に飲んで みましたが

気の抜けたサイダーにしかなりませんでしたよ。

かぁちゃんがBSドラマの奇皇后の録画予約を

忘れてきたので 自宅帰ろうと言いだしました。

疲れた体で 3時間半運転して帰る羽目になる

とは思いもしませんでした。

   


登山仲間と別れて高速道へ入る前に 

日帰り温泉を探します。

近くの湯平温泉に寄りましたが

日曜日はお休みだというので断念し 

高速道 湯布院ICへの田舎道を走ります。

「こりゃ〜入浴せずに帰宅せんばかぁ〜」と

あきらめかけた時、「入浴料100円」の川西温泉の

看板が目に飛び込んできました。

画像


「入浴料100円」なんて ほんとかよぉ〜。

とりあえず駐車場へ停車し 風呂を覗いてみました。

地元の人が利用する かけ流しの共同浴場でしたが

桧づくりの浴場があります。

ラッキー!! 即入浴すること決めました。

画像


入口のゲートの横のコインボックスに

100円硬貨を入れると 一人だけ通れるように

なってました。

お湯がぬるいので 洗い場のお湯は沸かしてある

そうですが 100円の入浴料では赤字のようです。

貴重品入れに 車の鍵とカメラを入れて 

100円の寄付といたしましたぁ〜♪

サッパリしたので 帰りはルンルン気分でぶっ飛ばし

19:00には自宅へ戻り 途中で買った寿司を肴に

ビールで乾杯!!

21:00からの奇皇后を見逃さずに済んだ

かぁちゃんは ご満悦でしたよ。

玉にゃ〜 かぁちゃん孝行するといい事がありそうです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
久住が近くにあるなんて、やはりうらやましい〜
何年か前に筋湯温泉に行く途中で、長者原で休憩しました。
大きな犬がいたな〜
そこから雄大な景色を眺めて、あぁ いつかこの辺りの山を歩きたいなと思ったものです。
黒岳ですか、覚えておきます。
本読みと山歩き
2015/05/23 20:34
本読みと山歩きさん

久住山系は何処も見晴らしが良いんですが
黒岳(前岳)はもう一つ下界が見えません。
岩だらけの急斜面にシャクナゲの群生地が
広がっています。
今年は、裏年で残念でした。
登りがキツイと言われている黒岳の登山道を
何とか登れました。
ログの大好きな徳さん
2015/05/25 10:04
大山のモモさん。

ハイエースは、車中泊に利用しやすい車ですからねぇ。
多いのも うなづけます。
信州安曇野散策→栂池自然公園(長野県北安曇郡)→尾瀬国立公園(群馬県片品村)と巡り歩き回ってきました。
ブログ記事アップ準備中です。
ログの大好きな徳さん
2015/06/16 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
大分県 久住山系 黒岳(前岳)登山 ログの大好きな徳さん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる